置き換えダイエットの方法




そもそそも置き換えダイエットとは、読んで字のごとく、いつもの食事を低カロリーな食べ物に置き換えて一日の摂取カロリーを減らして体重を減らそうという方法。

人が生きて体を動かすにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギー・燃料がカロリーです。人間にとってカロリーはとても大切なものではありますが、 消費するカロリーが余ってしまうと脂肪となって蓄積されます。蓄積された脂肪は身体にとって不必要なものでもありますから、肥満という一言で片づけられない問題を引き起こしてしまいます。

ご存じのとおり、メタボリックシンドロームは様々な病気の原因でもあります。美容のためにダイエットをするという方も多いのですが、健康のためにもダイエットをしなけらばならない方もおられます。

置き換えは3食すべてを置き換えるのではなく、1日1食か2食の置き換えが主流となっています。置き換えダイエットは食事制限とは違って、一日3食食べられます。 一日の総摂取カロリーを抑えることが重要です。

一食を低カロリーの食事に置き換えるだけでも効果はあります。置き換えダイエット用のクッキーやスムージー、スープなどが売られていますから利用してもいいですね。 置き換える食事は夕食が効果があるといいますが、自分にあったやり方で長く続けるのがコツです。通常の食事でもなるべく低カロリーの食事を取り入れることができればより効果的です。

置き換えダイエットで効果を出すために




置き換えダイエットで失敗してしまうのは、ダイエット終了後の食生活にあります。 せっかくスリムな体を手に入れたのに、ダイエット終了後の食生活を完全復活してしまうとリバウンドが待っています。

ダイエット終了後の食事はカロリーを抑えた食生活にする必要があります。しかしどんなダイエットもですが、これがとても大変なことなのです。 基本、油ものは極力避ける、間食はだらだら食べず時間を決めてカロリーを考えて食べる、夜食は止める、食事は腹八分目、を守ればリバウンドという悲劇はおこりません。

置き換えダイエットでスリムになったらゴールではなく、ここからがスタートという気持ちで太りにくいカラダに落ち着くまでは気を抜かないでください。 ダイエット終了後はお腹いっぱい食べるのを楽しみにしている方も多いようですが、そんな時は汁物でお腹を満足させましょう。 鍋ものや雑炊、具だくさんのスープなどなら野菜をいっぱい食べられそうです。

置き換えダイエットには減量とともに、おまけがついてきます。食生活が不規則だったのが改善できたり、食べ過ぎや食生活の乱れで、 体調が悪かった人が健康になったり、肌トラブルが改善できたという方も多いのです。

置き換えダイエットの失敗




食事の代わりに野菜や果物や、置き換えダイエット商品を食べるのが「置き換えダイエット」です。 たった1食を我慢すれば痩せられる、しかも何も食べられないわけでもないのだからと、挑戦する人も多く、人気のあるダイエット法です。

しかしダイエットに成功せずリバウンドしてしまう人が多いのはなぜでしょう。 置き換えるダイエット食品にはたくさんの種類があり、最近は味にも工夫がされているので続けられそうなのになぜ失敗してしまうのでしょう。

置き換えダイエットに挫折した人のほとんどが言う失敗の原因は、「食欲とストレス」だそうです。

好きなものを食べたい、お腹いっぱい食べたいという食欲はヒトの本能です。 いくらダイエット食品の味が気に入ったものであっでも、食べたいものを食べているわけではないので、まずそれがストレスになります。ダイエット期間中は”我慢している自分”がいるわけで、徐々にその我慢している自分の存在が大きくなっていき、ついに爆発してしまうのです。

ストレスが蓄積すると副腎からステロイドホルモンを分泌します。このホルモンは食欲増進作用があるため、置き換え以外の食事の時のドカ食いになってしまうのです。 そのため、ダイエット効果がなかなか現れず、挫折してしまい、挙句の果てリバウンドで依然より太ってしまうという結果になります。

置き換えダイエットで成功するためには、極度に自分を追い詰めないこと、置き換えダイエットではすぐに結果を求めることはできないと知っておくこと。 毎日の1食置き換えが苦痛な時は、一日おきにしてみるなど、柔軟なやり方で気長に続けることが大切なのです。

置き換えダイエットに(グリーンスムージー)




置き換えダイエットは簡単なダイエット法なので人気ですが、失敗する人も多くいます。失敗はやはりお腹が空くこと、腹持ちの良い食品に見直すといいかもしれません。

置き換えダイエットで人気があるのが、「グリーンスムージー」です。 中でも「Natural Healthy Standard」のグリーンスムージーです。200種類の葉野菜とフルーツのミネラルと酵素を摂ることができます。牛乳や豆乳、飲むヨーグルトなどでシェイクして飲めば、味が変わって飽きません。

グリーンスムージーは自分で作っても簡単にできます。小松菜やホウレン草、レタスなどの葉野菜とバナナ、リンゴなどの果物を水と一緒にミキサーにかけるだけです。これを毎食の前に飲むと食事の量が減ってダイエットになります。

夕食はNatural Healthy Standardのグリーンスムージーだけの置き換えダイエットにして、朝食と昼食の前に手作りのグリーンスムージーを飲むというダイエット法なら結果が早く出そうです。

置き換えダイエットに(マイクロダイエット)




「マイクロダイエット」には、ドリンク・リゾット・パスタ・シリアルの種類があります。ドリンクタイプは1食あたりが174kcalで、14種類もあり、ダイエットドリンクとは思えない本格的な味です。

リゾットとパスタタイプは、食べごたえがあるのに1食あたりたった260kcal。本格イタリアンで濃厚な味ですからダイエットをしていることを忘れそうになるほど。 種類は、パスタはカルボナーラとトマト。リゾットはクワトロチーズとビーフカレー味の全4種類あります。

シリアルタイプは1食あたり260kcalで3種類あります。置き換えダイエットでよく登場するのは飲むタイプが多いため、”噛んで食べる”という欲求が出てきます。シリアルは食物繊維がたっぷりで、よく噛まなければならないため、置き換えダイエットに行き詰ったときなどは助けになります。

置き換えダイエットに(プロテインドリンク)




プロテインというと、スポーツ選手や筋肉フェチの人が使っているという印象があります。脂肪は筋肉がなければ燃焼しませんから、プロテインはダイエットに向いた食品です。

低カロリーでありながら、良質のタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいますから、ダイエット中に不足しがちな栄養分を摂ることができます。

1杯のプロテインは約200kcalあります。栄養分も豊富ですから食事と置き換えても健康を損なうことはありません。

ダイエットを目的としてるなら、植物性のソイプロテインはいかがでしょう。 ソイプロテインは大豆が原材料です。大豆たんぱくは分解、吸収に時間がかかりますから、満腹感が長く続くという利点があります。さらに食物繊維も豊富なので、ダイエット効果も高いのです。

置き換えダイエットするなら朝食?夕食?




置き換えダイエットを始めるにあたって、いつの食事で置き換えるのがいいのでしょうか。 一番効果的なタイミングで置き換えてダイエットに成功したいですよね。置き換えは朝食か夕食で行うと効果的とされます。

朝食を置き換えるメリットは、寝ている間に体に溜まった老廃物や毒素を排泄する準備をしています。ですから朝の時間帯に便通をもよおすことになります。 なので排泄を助けるための、スムージーなど消化のよい繊維質の多いダイエット食品を摂ることでダイエット効果が期待できます。

また、朝食を食べる時間がないという方は、置き換えダイエットを朝食で行えば、ダイエットをしているというプレッシャーを感じなくてもよいというメリットもあります。 本来、朝食は一日の活力を養うために大切なものだと言われていますが、栄養分が多く詰まったダイエット食品を摂ることでいままでより、活動的な一日を送れるようになるかもしれません。

夕食で置き換えダイエットのメリットは、寝てしまえば空腹感に悩まされることがないということ。そして、夕食後に活動することはないので、エネルギ?は必要ないというのもメリットになります。 ただ、夕食は一日3回の食事の中では、一番楽しみにしているという方が多いので、その夕食をダイエット食品だけで済ますのは、かなりつらいです。

しかし、実際にやってみるとわかるのですが、胃に食物が入っていない状態で寝ると体にはいいことが多いのです。朝起きたときに口の中の粘りがすっきりとしていたりもします。 質のよい眠りは成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝のアップでダイエットにもつながります。そして夕食を全く摂らないという絶食ではないことが気持ちを楽にします。

置き換えダイエットは朝食でも夕食でも効果があることは間違いありません。どちらにするかは、ご自分の生活スタイルや、続けられるかによります。